スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大受験生ブログランキング

数学は国家戦略の一環じゃねーだろーが 

通りすがり(元祖)さんへ。
長文になったので、こっちにレスしておく。
元記事はこれだ。



> 国家戦略という点はどう考えてるんですか。

お前、正気で言ってんのか?これ?
数学をやる理由は「国家のため」と言いたいのか?はぁ?お前は今まで国のために必死に数学を勉強したのか?お前の数学の能力はどれだけ国家に貢献したのか説明しろよ。
違うだろ。「自分のため」だろ。お前は国にとってではなく自分にとって必要だと判断したからだから数学を勉強したんじゃないのか?結果的に国家に役に立つことにつながることがあっても、それは間接的要因であって直接的要因じゃない。少なくとも俺にとって受験数学は不要の産物だと言っている。だから受験を最後にもうやらないと言っているんだ。



> 科学者やエンジニアにとって数学は必須です。

お前はなんでこう超限定的な職業を引き合いに出すんだよ。これじゃぁ「全ての」中高生に数学を課す理由に全くなってないだろ。



あと、「スプートニク・ショック」とか「アメリカで微積分を高校生に課すようになった」とか、何の説明をするためにこの事例を引き合いに出してんだよ。これが「全ての」中高生に数学を課す理由にどうつながってくるんだよ。科学技術など国家戦略のごくごく一部だろうが。



> 英語だって生きていく上で必須ではないですよね。

じゃあ逆に聞くが、生きていく上で必須なもので、中高で養成しているものは何だ?具体的に言えよ。

なぜここで「英語」が引き合いに出されるのか理解に苦しむが、中高で課している「受験英語」に限って言えば確かに的はかなりはずれているだろう。とてもグローバルに通用する語学力を習得させられているか疑問だ。そんな俺もペーパーで点を上げることはできても、ビジネスでいかすことは現時点では無理だと認識している。俺は「受験英語」も受験を最後に一切やるつもりはない。俺がやりたいのは「実用英語」であり「ビジネス英語」だ。「受験英語」とは違う。

学科を例に挙げれば、「国語」だって「体育」だって生きていく上でいらねーっていったらそれまでだ。学ばなくたって生きていけるだろう。学科に拘らず、「家族愛」「友情」「チームワーク」「礼儀作法」「コミュニケーション能力」などなど、重要に違いないと思うことさえ、生きていく上でいらねーっていったらそれまでだ。

けれど、俺にとっては「受験英語」も「受験国語」も俺が今後やりたいこと、必要とすることにつながるところがある。全てが無駄というわけではないと考えている。しかし「受験数学」はどう着眼してもほぼ全てが無駄だ。微塵も役に立つ点が感じられない。なぜ論理的思考を学ぶのに微積分でなければならないのか?意味不明。この学問を全ての学生に課す妥当性が見出せない。趣味でやりたいヤツ、将来に科学者やエンジニアといった超限定的な職業につきたいヤツ、自分より国のために頑張りたいヤツにやらせときゃいいだろ。こんな数字遊びバカバカしくてやってられんね。我慢の限度も受験までだぜ。





最後に、言っておくが、いろいろ言ってくれるのは構わないが、なぜ「数学が全中高生に課せられるべき理由」を簡潔に説明できないんだ?お前の文章の中に、俺を説得できないまでも、「なるほど?そういう考え方か?」と思わせる一文すら一度も登場しない。それはお前自身が腹に落ちていないからだろ。だからずるずる行っちまうんだ。

あの地球儀を引き合いに出したブログの著者を見習え。あの内容は俺の意見ともまたそぐわないものだが、非常に簡潔な説明と、簡潔な差別化、そして論理的な説明がなされていると思う。お前にはそれが全くない。

コメントが欲しけりゃまた書き込みしてこい。レスは遅いが答えてやるぞ。







東大受験生ブログランキング

コメント

数学を義務化している理由は科学技術の発展を
考えてのことだと思いますよ。
スプートニクもその例だと思いましたが。

現実に国が指導要領とかで必須科目にしているわけですし、
これ以外の理由なら、あなたの言うとおり好きな人だけ
やってればいいわけです。

あと、エンジニアなどが特殊な職業というのは事実ですが
中高段階で数学を必要とする人とそうでない人を分けるのは
難しいと考えます。

>少なくとも俺にとって受験数学は不要の産物だと言っている。
>だから受験を最後にもうやらないと言っているんだ。

これはそれでよいと思います。

> 生きていく上で必須なもので、中高で養成しているもの

ないと思います。だから、あなたが数学にだけ噛みつくのが
変なんですよ。

>「数学が全中高生に課せられるべき理由」を簡潔に説明

上記の科学技術云々以外には思いつきません。
何十年後か、早い段階で将来数学を必要とする人かそうでないかを
判断できるようになれば、必須科目ではなくなるかもしれません。
現在はそうでないので、理系の大学を目指すというだけでやらされる
わけです。中にはあなたのように必要もないのにやらされる人も出てきます。
  • [2009/09/26 20:41]
  • URL |
  • 通りすがり(元祖)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: タイトルなし

俺はお前のように国のために生きてるんじゃない。自分のために生きてるんだ。国のための「科学技術の発展」など興味がないが、お前「科学技術の発展には数学が不可欠」と決め付けてるだろ?

科学技術の発展のために物理じゃだめなの?国語じゃだめなの?もっと言えば囲碁・将棋じゃだめなの?パズルじゃだめなの?なぞなぞじゃだめなの?・・・となる。なんでここで数学なんだよ。

後、国の考え方を聞いてるんじゃない。お前の考えを聞いてるんだ。どう読んだってお前の言ってることは
「国が必要だと言っているから必要なんじゃない?」
だろ。もっと主体性を持て。



俺は基本的には学校の運動も勉強も好きだが、昔から数学だけは大嫌いだからな。小学校の算数から猛烈に嫌いだ。嫌いがゆえに成績が悪いというのはある。が、根底にあるのは
「数学が将来の自分にどう役に立つのかが皆目想像できない」
というのが昔からあるからだ。ゼロとは言わないが、他教科に比べて著しく役に立たないと感じざるを得ない。そんな教科にたくさんの人が貴重な時間と労力をかけることが本当に残念でならない。

時間は無限ではない。全ての人間が高校の受験数学の考え方が必要なわけではない。むしろ将来数学をいかせる立場になるヤツの方が圧倒的少数派だ。であるなら、しかるべき人材に絞って数学を学ばせることこそ、お前の大好きな国家戦略の一環として有益な教育の仕方になりうるのではないか。

なぜ中高生全員である必要があるのか?お前の解は、
「国がそうしてるから」
としか聞こえない。

仮に義務化しないとします。
当初はなんの問題も生じないと思うんです。
科学者になるような人は勝手に勉強するでしょう。

しかし、徐々に高校の数学教師とか、Z会の添削者の
質は低下していくはずです。皆が勉強するわけじゃ
ないから現在ほどの人数はいらないんですが、
それ以上に出来る人が少なくなるでしょうから。

これが、やがて大学の数学教育のレベルを下げ、
技術者の質の低下へとつながると思うんです。
そうなれば、日本は技術立国の地位を失い
経済的に貧しい国になるはずです。

これを防ぐのが目的と思います。
  • [2009/09/26 22:50]
  • URL |
  • 通りすがり(元祖)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: タイトルなし

だから何でお前は、科学技術、科学技術、科学技術の連呼で、その手段が数学、数学、数学の連呼なんだよ。

お前の脳みその中身は科学技術が全てで、その手段が数学全てのような物言いがおかしいつってんだよ。国の繁栄は科学技術が全てで数学が全てと言いたいのか?

科学技術なんて国策のごくごくごく一部だろ。数学なんて科学技術のごくごくごく一部だろ。

超限定的なことを全ての中高生に課す理由を、国の考えでなくお前の考えで簡潔に説明しろよ。お前が数学で培った「美しさ」と「論理的思考」とやらで示せよ。ぼやかすな。

お前の言っていることは、国の考え方をお前の推測で言っているだけにすぎない。俺は国の考え方など聞いてもいないし求めてもいない。

お前がどういう立場の人間か知らんが、国のことを偉そうに言うな。自分としての個人の考えを堂々と言えよ。お前独自のウィルを示せ。こんなアホな大人たちの抽象論にはうんざりだぜ。

ブログ主さんも通りすがりさんもどちらも正しいことを言っていると思います。

自分は偶々数学が好きだったので何の疑問も持ちませんでしたが、
ブログ主さんと同じことを考えている人は多いと思います。

少し申し上げるならば、ブログ主さんの論理は数学だけに限定されないと思います。
国語で古典を学ぶ、世界史で古代ローマ時代の出来事を覚える、化学で使いもしない金属錯体について考える。これらはかなり専門的で、仕事や趣味で必要になってからやってもいいものでしょう。
冷静に考えて別に数学だけがその論理で狙い撃ちされる理由はないと思います。

私はこのような幅広い物事を学ぶシステムというのは「社会で役立つ」ためではなく「社会を知る」
目的で行われていると思っています。
ある程度のこと(その線引きが難しいと思います)を知った上で、自分は何をしたいのか、
ということを考えればいいし、知らないとそれを考えられないと思うのです。
その視点に立ったとき、数学はある側面で社会の基盤になっているものであり、
語学や体育、社会科目と同様に教えるべきものではないかと思います。

長文失礼しました。
東大入試の数学は正直凝り過ぎていると思いますがどうか頑張ってください

Re: タイトルなし


高校も大学も義務ではなく、結局は自らが望んで学ぶ場をもらっているわけで、気にいらなきゃそもそも進路の選択が間違っているというのはあるな。自分が今後やっていきたいと考えていること、実現したいことに対して、受身ではあるが学校で勉強というのをやっているわけだ。けれどそれが的を得ているかそうでないのかといった疑問は持たない方がおかしい。数学は俺だけにそぐわないのではなく、大多数にそぐわない無駄なものというのが俺の考え。他教科とは程度が違う。いちじるしくそぐわないと感じる。

別に俺に数学の重要性を説得してくれとはいわんが、あのブログの著者並に「おっ?」と思わせてくれるような意見は誰か言ってほしいものだ。通りすがりはそれが全然なってない。自分の考えがスジを通して整理して述べられないなら言わないほうがよかったくらいだ。誰も心動かすような説明ができないから、言動を見せないから、
「ああ数学って役にたたねーんだな」
と思う。

模試でもZ会でもそうだが、この数学って教科のパズル的というか謎謎的というか、その答えが求まったところで何になる?と思うことは毎回だ。本当にバカバカしい。誰もくだらないと思わないのか?解かされてむなしいとは思わないのか?

ドンピシャとは言わないが、国語も英語も理科も社会も実生活に接点を多々持っていることを感じる。だから勉強のモチベは多少だがあがる。だけど数学はなんなの?実生活からはるかに遠いと思う。

少なくとも俺の周りの大人たちは、国語も英語も理科も社会もそれなりの知識と教養を持っているが、数学だけは全くだ。高校数学など完全に脳内から消えてしまっている。これこそ受験数学が実生活に不要であることの証明であると確信する理由の1つなのだ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tothestars.blog90.fc2.com/tb.php/669-3f372400

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。