スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大受験生ブログランキング

「数学を勉強することの意味」と題して論しているブログを読んだ 

数学を勉強することの意味」と題して論しているブログを読んだ。高校数学、受験数学を嫌々ながら勉強している立場としてはちょっと興味があった。

「論理的思考を養うため」。いちばん本質が理解できてない大人たちが連呼する大嫌いな言葉だ。論理的思考を養うための手段がなぜ数学でなくてはならない?そう思っている。今だかつてまっとうな説明ができた大人を見たことがない。

このブログの著者は、「数学で養成されるのはモデル化の思考」「数学で鍛えられるのは、地球儀の作り方」と、比較的わかりいい言葉で整理されている。けど地球儀を例にされるとダメだな。てんでダメだぜ。

地球儀を作ることなんかないじゃん。生涯ねーよ。
地球儀なんか必要ないじゃん。グーグルマップで十分だぜ。
そんな訳で俺が生まれた時から我が家に地球儀はない。
そんな必要性ゼロのものを導入する意義がない。
俺が将来、地球儀を作る立場になり得るか。ならないね。俺は物作りをしようと思っているわけじゃないからね。
それに地球儀作るなら美術であり、技術であり、図画工作で養成しろよ。なんでそこで数学なんだよ。

「地球儀」を他の言葉に変えても同じことだ。ごくごく一部の人にしか必要にならない技能を、中高生全員に課すこと自体がおかしいといつも思っている。俺が数学を勉強する唯一の理由は「志望大学が数学を課しているから」だ。これ以外に理由はない。進学したら二度とこんなくだらない学問はしないつもりだ。

この著者に要望できるならば、「数学という技能がなぜ中高生全員に課せられる必要があるのか?」に関して説明しきってほしい。地球儀を引き合いに出した時点で、少なくともこの点に関しては説明することはできなくなっていると思うのだ。




 

東大受験生ブログランキング

コメント

古くからの論争のタネですね。

プラトンは数学を学ぶと、将来、軍人になろうが
仕立屋になろうが、物事を効率よく処理できるようになる
と主張していました。

また、芥川龍之介が作家志望の青年に「数学の勉強をしろ」
と勧めていたのは有名な話です。
論理的で簡潔な文章が書けるからだそうです。

実用性から離れた意見としては、「数学は美しいから学ぶべき」
というのがあります。
To the stars さんが怒り狂うであろう見解ですね。

イギリスの数学者ハーディが書いていたと思うのですが
音楽や絵画のよさを本当にわかる人など、実は少ないのではないか、
数学の美しさ・面白さの方がよほど多くの人に理解できるものだろう
というのがあります。
これ、一理あると思います。中学2年くらいまでだと、数学が好きだと
いう人は意外と多いですからね。

私見ですけど、歴史の勉強としての意味もあると思います。
17世紀のガリレオ以来、数学は人類が自然に対して持っている
最も鋭利な武器です。その切れ味の一端を知っておくのは
よいことかも知れません。
  • [2009/09/25 23:19]
  • URL |
  • 通りすがり(元祖)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: タイトルなし

高校は義務教育ではないのでそこがちょっと弱いが、少なくとも生きていく上で必要のない知識や知恵、経験なんかを、生徒全員に無理強いすることが明らかにおかしいと考える。

言うなれば、
「数学は奥が深く論理的な思考が養われるので学ぶべき」
と、
「将棋や囲碁は奥が深く論理的(?)な思考が養われるので学ぶべき」
は同レベルだ。趣味で自由にやるのは問題ないが、強要されるのは明らかにおかしい。

「数学が絶対必須」であることを明確に説明しきれる大人が皆無な時点で、数学の不必要性が証明されているとも言える。

国家戦略という点はどう考えてるんですか。
数学教育を義務づける一番の理由はこれでしょう。
科学者やエンジニアにとって数学は必須です。
そして技術力の高い国と低い国が戦争をしたら
どっちが有利かは明かです。

実際、何百年も前は数学など一般の人には
ほとんど教えられていませんでした。
科学技術の有効性が明らかになるにつれて
数学教育に熱を入れるようになっています。

たとえば、60年ほど前のアメリカでは微積分を
高校では教えていませんでした。
ところが、1957年、ソビエトが人工衛星の
打ち上げに成功し、科学技術でアメリカが
後れをとったと懸念されました。
スプートニク・ショックです。

この原因の一つとして挙げられたのが
ソビエトの数学教育の充実でした。
高校で微積分を教えていたのです。
以来、アメリカでも微積分を高校で
教えるようになったそうです。

それと、もうひとつ質問です。
英語だって生きていく上で必須ではないですよね。
そこはどう考えているのでしょうか。
  • [2009/09/26 14:11]
  • URL |
  • 通りすがり(元祖)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ええと、「地球儀」を「グーグルマップ」に代えてもダメなんですかね。

まぁ、説明が十分だとは私も思わないですが。数学が「必要」であることを説明したいとは思わないなぁ。それはあくまで社会の要請だもの。

あと、あの記事を読み通すぐらいの力があるのであれば、「志望大学が数学を課している」理由についても自分で考えてみたら良いと思いますよ。実際そっちの方が有意義かもしれません。

Re: タイトルなし

なんかブログっぽくなってきたな。コメントが来るとは。

> 「志望大学が数学を課している理由」についても自分で考えてみたら良いと思いますよ。

そんなもん、奇想天外なものを課せないだろ。一芸入試じゃないんだから。大学は全国の高校生が共通して学んでいるものから選択するしかないだろ。大学は数学の技能が不可欠と考えているから課しているのではなく、必要とする技能にやむなく近いものが数学しかない。そう考えるべき。微積であらゆる面積が求められるヤツ、ウェルカム。そんなわけがない。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tothestars.blog90.fc2.com/tb.php/668-3ea7843a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。