スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大受験生ブログランキング

e^xの凸性なんてこの論証内で示す必要などねーだろ 

SAVE0029_20090820212432.jpg

y=e^xのグラフの凸性を言えって、
明らかに不要だろ。

俺はh(x)とg(x)の差分により大小関係を吟味していて、h(x)≧g(x)となる条件を導いたつもりだ。1未満の全ての実数xでh(x)≧g(x)を満たすことが示しきれているのだから、そこで、y=e^xのグラフの凸性をあえて言う理由がないだろ。この論証のどこに「y=e^xのグラフの凸性」が必要になるんだよ?

減点の意味が全くわからねーよ。

東大受験生ブログランキング

コメント

減点やむなし

>1未満の全ての実数xでh(x)≧g(x) を満たすことが示しきれているのだから、そこで、y=e^xのグラフの凸性をあえて言う理由がないだろ。

添削者が指摘しているのはg(x)≧f(x)の部分です。

添削者の言う前半部分とは、

「f(x)≦g(x)となるためには、…接している状態にならなければいけない」

のことでしょう。
これは図を根拠にしており、突き詰めれば y=e^x の凸性に基づいています。
  • [2009/08/22 18:33]
  • URL |
  • 通りすがり(元祖)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

同じ事書いて同じとこ減点くらったので親近感覚えました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tothestars.blog90.fc2.com/tb.php/637-6794a8fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。