スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大受験生ブログランキング

残念な返答でした 

20070605.jpg

残念な内容で返ってきました。

よく言われることですが、
弁解は絶対にしてはいけません。

本当に残念です。

「私の言っていることと相違がある」という指摘ですが、百歩譲って相違があると仮定した場合、あなたは、
あなたの私への返答の仕方に不備がそもそもあったことを認めたわけで、そんなあなたが私の答案の不備をどうこう言う資格がそもそもないことをも認めたことになる
のですよ。

また、相違があるということに反論しますが、相違なんてありませんよ。あれは「偶然正答と一致したら満点をあたらえられない」と言い切ってしまっているのと同じであり、誤解釈の余地もなく、完全に返答側に否があるのではないでしょうか。もしくは、自らの主張を曲げないべきでした。なのに、この回答ですか・・・。

実は今回納得いかなかったことは、
採点の結果では全くなく、「よくわからないけど、苦し紛れに・・・」という言葉の使い方でした。これはいくらなんでも私を見下しすぎていると思いました。

・・・さて、質問カードを出してみて、非常に面白かったし、この問題は非常に印象に残りました。数学が大の苦手な自分としては、しつこく質問していくのがいいみたいです。

ということで、次回はもう少しキツめに質問してみたいと思っています。

終わり。




スポンサーサイト
東大受験生ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。